Yoko Shimizu 清水陽子 | The art of cell proliferation
Innovating the world through art and science - Latest news from our biology design lab. 科学と芸術を融合する現代芸術家、清水陽子の公式ホームページ。バイオを中心に先端テクノロジーを用いたデザインラボ「Lab +1e」から最新情報を発信中。
Yoko Shimizu, art, science, bio, biology, biotechnology, bioart, biodesign, urbangardening, nature
17270
post-template-default,single,single-post,postid-17270,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-title-hidden,qode-theme-ver-10.0,wpb-js-composer js-comp-ver-4.11.2.1,vc_responsive
Yoko Shimizu 清水陽子

The art of cell proliferation

The art of cell proliferation – The clean room video is now available.

細胞培養の手法を使ったアート。展覧会「The Clean Room」のメイキング映像をアップしました。

このシリーズを制作したきっかけは大学研究室で遺伝子組み換え酵母を使って、発がん性物質や内分泌撹乱物質を分析していたとき、その中でも生きようとする細胞の増殖が美しかったから。

科学と芸術を融合したインスタレーション・シリーズより。制作協力LAD GALLERY。
[Making of The Clean Room – Video – メイキング映像]

 

The Clean Room Exhibition and Performance

 

Yoko Shimizu

In The Clean Room exhibition, colorful cells multiply in a clean room installed in a gallery. The cells eventually grow into a colony, creating various forms as a group. The colonies appear, expand and dies in the continuous cycle of life. In this installation, we observe the concept of life and society in the microscopic world cultivated in each petri dish.

ギャラリー内に設置したクリーンルームの中でカラフルに増殖する命。細胞群はやがてコロニー(集落)を形成し、集団でさまざまなパターンを創り上げながら、成長・繁栄・衰退を繰り返します。シャーレの中のミクロの世界で生命の神秘と集団社会について考えるインスタレーション。

Yoko Shimizu 清水陽子

 

Pop Culture – Cell Graffiti

ポップカルチャー

 

Yoko Shimizu 清水陽子

Cells are cultivated on colorful agar culture to grow into various graphic patterns and texts as in graffiti art. The shapes gradually change and expand freely from their original location. The word “culture” in art refers to “the integrated pattern of human knowledge, belief, and behavior,” whereas in biology it refers to “the act or process of cultivating living material (e.g. cells, bacteria, viruses) in prepared nutrient media.” Pop Culture shows the cultural proliferation that starts from one cell (individual) expanding into a large movement in society.

カラフルでポップな培地の上で、さまざまな形状、記号、文字を形成しながらグラフィティのように増殖する命。最初に植え付けられた形から、造形は徐々に変化しながら拡大していきます。特定の集団の行動様式や文化を表す「カルチャー」という言葉は、生物学では「培養する、培養されたもの」を指します。ひとつの固体から始まってやがて大きな美しいムーブメントへと進化する文化的増殖。

 

Cultural Addiction

カルチュラル・アディクション

 

Yoko Shimizu 清水陽子

In Cultural Addiction, we observe the growth of cells that are cultivated in our modern day diet. Each petri dish contains different food products that symbolize our modern society such as coke, energy drinks, coffee, snacks and instant ramen noodles. Wide range of these products can be found in any convenience store. But why do we buy and ingest these products? Should they be ingested? Or are we just culturally addicted to these products? The installation stimulates the viewers to think about the current state of society through the observation of microscopic colonies.

コーラ、エネルギードリンク、コーヒー、インスタントラーメン、スナック菓子など、現代社会を象徴するプロダクトを培地に添加し、増殖を観察するシリーズ。コンビ二に行けばずらりとこのような商品が並んでいるが、なぜ私たちはこれらを選択し、摂取するのだろうか?本当に摂取するべきものなのだろうか?それとも単なる集団的中毒(アディクション)に過ぎないのだろうか?命の増殖を観察することによって、社会のありかたを考える作品。

 

Microscopic Infinity

マイクロスコピック・インフィニティ

 

Yoko Shimizu 清水陽子

Once the proliferation starts, the living materials are free from our control and expand naturally. Sometimes they evolve into shapes unintended by the creator. The final form, reminiscent of an abstract painting, a scenery from our distant memory, or an ever expanding universe, takes us to worlds beyond our imagination.

ミクロの無限性。増殖がはじまると培養物はヒトの手を離れ、自然の赴くままに拡大します。そして時には研究者の意図とは全く異なる、想像をしなかった形へと進化することがあります。それは抽象画のようでもあり、どこかで見た風景のようでもあり、無限に広がる宇宙のようでもあり、私たちの想像力をかきたてます。

 

 

Cellscape

セルスケープ

 

Yoko Shimizu 清水陽子

Cellscape is a microscopic photography series of proliferating cells. The microscopic images look as if they are a landscape or a universe, capturing the intriguing similarity between micro and macro worlds.

 

セルスケープは増殖する細胞の顕微鏡写真シリーズ。まるで地形や宇宙のように広がる世界。ミクロとマクロの世界の神秘的な類似性を捉えたシリーズ。

 


[Cultivation process – 培養工程]
Yoko Shimizu 清水陽子

[Performance at LAD GALLERY in 2015]
Yoko Shimizu 清水陽子

In this installation series I am using yeast cells for cultivation. When I was in a biochemistry lab in my university, we used genetically modified yeast cells to analyze carcinogens and pollutants.

このインスタレーションではイースト(酵母)の細胞を培養しています。大学の研究室に所属していたときは、遺伝を組み替えた特殊な酵母を使って、発がん性物質や内分泌撹乱物質を分析していました。

Yeast is often used in fundamental biological research. Its cells are similar to human cells but grow a lot faster. It is a model organism for studying biological processes.

生物学の基礎研究において酵母は頻繁に使われます。その細胞はヒトの細胞と近く、また素早く増殖させることができます。生物学的なメカニズムを研究するためのモデル生物となっています。

The expansion of the colonies and the microscopic images of the model organism is incredibly beautiful and fascinating – allowing us to understand the mechanism of our bodies as well.

このモデル生物のコロニーの増殖する様子や、顕微鏡で見るイメージは非常に美しく、人体のメカニズムについても理解することもできます。