Yoko Shimizu 清水陽子 | News
Innovating the world through art and science - Latest news from our biology design lab. 科学と芸術を融合する現代芸術家、清水陽子の公式ホームページ。バイオテクノロジーを中心に先端科学を用いたデザインラボ「Lab +1e」から最新情報を発信中。
Yoko Shimizu, art, science, bio, biology, biotechnology, bioart, biodesign, urbangardening, nature
17252
paged,page-template,page-template-blog-large-image,page-template-blog-large-image-php,page,page-id-17252,paged-7,page-paged-7,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-title-hidden,qode-theme-ver-10.0,wpb-js-composer js-comp-ver-4.11.2.1,vc_responsive

The term minimalism is also used to describe a trend in design and architecture where in the subject is reduced to its necessary elements. Minimalist design has been highly influenced...

Saturday, June 8 2pm Artist Talk 3 - 6pm Open Studios New York Art Residency & Studios Foundation (NARS Foundation) 88 35th Street 3rd Floor Brooklyn, NY www.narsfoundation.org ...

The Garden May 11 - June 14, 2013 Opening Reception: Friday, May 10, 6 - 8pm Artist Talk: Friday, May 31, 7pm New York Art Residency & Studios Foundation (NARS Foundation) 88 35th Street 3rd...

渋谷西武のB館のリニューアルされたアートショップで小作品を扱っていただいております。 西武百貨店 B館8階...

機関誌「なごや文化情報」3月号。芸術と科学に関するエッセイ掲載。   「科学と芸術 ─ 対極か両極か」 清水陽子(現代芸術家) [one_half] 「理系なのにどうして芸術の世界に入ったんですか?」展覧会の会場で必ず聞かれる質問です。会場には生きた細胞を利用した作品や、成長を続ける有機結晶が並び、これらの作品はアトリエと生物化学の実験室の両方で作られています。 子どもの頃から芸術が好きで、絵を習っていましたが、生き物やその美しさに惹かれて大学では生物化学を専攻していました。その影響で生命のみずみずしい美しさや、自然の生きた数理性と芸術性が、主な制作テーマになっています。芸術と科学の2つの分野を融合した時、人間の力を超越した果てしない美しさや新しい表現が見つかるのではないかと思っています。 対極にあるように思われがちな科学と芸術ですが、実は非常に密接な係わりがあり、またとても似通った分野でもあります。最大の共通点は非常にクリエイティブな分野だということです。常に新しい切り口で、まだ誰も見た事のない未知の世界を探求します。 ニュートンが「落ちたりんごは地球に引っ張られているのではないか?」と万有引力を発見した時、ピカソが「いろいろな角度から見た物の形を一つの画面に表現できるのではないか?」とキュビズムを発表した時、「そんな突拍子もない事!」と当時の誰もが思ったことでしょう。その発想は人々の考えを大きく変え、今では新たな常識となりました。 [/one_half] [one_half_last] 既成概念にとらわれない柔軟なひらめきとインスピレーションで、世の中の批判を恐れず日々実験を繰り返し何かを追求する、科学者と芸術家という生き方も似ているような気がします。 また科学の知識を深めることで、芸術を新たな次元へ導くこともできます。科学者で芸術家でもあったレオナルド・ダ・ヴィンチが解剖学を追求する事で誰よりも正確に肉体を描写したことはあまりにも有名です。また現生のアーティストでは、アメリカの現代芸術家マシュー・バーニーなども医学出身の作家で、幻想的でありながら、極めて生々しくリアルな描写は医学者でなければ表現できない世界です。 日本の芸術家が世界で勝負するためには、欧米の模倣ではなく日本ならではの強みを生かす必要があります。今の日本が世界に誇るもの、それは自動車産業やエレクトロニクスでもわかるように、最先端の科学技術とテクノロジーです。そういう意味でも日本人の芸術家が科学を融合するというのは自然なことではないでしょうか。しかも生物学のような生きた科学を追及するアーティストがいてもいいのではないかと思っています。芸術によって新たな科学の発見を、科学によって新たな芸術の発見を。 これからも芸術と科学を融合した新しい分野を開拓すべくがんばっていきたいと思います。 [/one_half_last]...

2012年12月4日- 9日 APA Group Show   (GALLERY APA 名古屋) Dec 4 – 9, 2012   APA Group Show  (GALLERY APA, Japan)...