Yoko Shimizu 清水陽子 | Review
Innovating the world through art and science - Latest news from our biology design lab. 科学と芸術を融合する現代芸術家、清水陽子の公式ホームページ。バイオテクノロジーを中心に先端科学を用いたデザインラボ「Lab +1e」から最新情報を発信中。
Yoko Shimizu, art, science, bio, biology, biotechnology, bioart, biodesign, urbangardening, nature
5324
post-template-default,single,single-post,postid-5324,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-theme-ver-10.0,wpb-js-composer js-comp-ver-4.11.2.1,vc_responsive
 

Review

Yoko Shimizu - 清水陽子

Review

Biological Art – 生物学的アートへの期待
馬場駿吉 (名古屋ボストン美術館 館長)

[one_half]
清水陽子の作品に初めて出会ったのは2008 年3 月に開催された「名古屋発 現代美術展 D アートフェスティバル」の会場。若い作家たちの様々な試みが響き合う中でも清水の作品にとりわけ強い誘引力を感じてその前に足をとどめさせられた。

私たちが肉眼的にとらえて魅惑される身体のうねりも、顕微鏡下では一見無表情ながら、実は個性的に分化した微細構造と機能を持つ細胞群の総和として成り立っているのだ。そのようなことは今更口に出すまでもない事実なのだが、私たちは身体の美醜の判断を本能的な感覚にゆだね、身体美の本質論など意識の下層に沈めたまま日常を送っている。しかしこの初見時、私の足をしばらく作品の前に引きとどめさせたのは、理に固められた言葉でそれを解説的に示すのではなく、様々な想像力を覚醒させる美術的イメージによって、生命の器であり、死の器でもある身体の両面的な美学が提示されていたからに違いない。

清水が神戸大学発達科学部(生物化学専攻)を卒業した後、本格的に美術家への道を疾走することになったことを知ったのはその後のことなのだが、そうした先入観念にとらわれることなく、清水の作品に初めて出会った折の印象をありのまま、ここへ書き留める機会に恵まれたことを喜びたい。
 
[/one_half]

[one_half_last]
以来、医学と美術との間に長い時間を過ごして来た私的体験を重ねて、できる限り個展に立ち会うことになったが、2010 年3 月~5 月、西武渋谷店での個展を見た時、「Biological Art(生物学的アート)と呼ぶのがふさわしいのではないか」と伝えた。

それに引き続いて開催された名古屋のギャラリーAPA での個展時、印刷物の中にこの言葉を見出して、私の命名をしかと受け止めてもらったことを確認した。この時、気道粘膜の表面を覆って稲穂のように波打つ線毛細胞の顕微鏡像を思わせる平面作品(ミクストメディア)が出展されていたのを鮮明に記憶している。
彼女の最近のエッセイの中でも「生命のみずみずしい美しさや、自然の美しい数理と芸術性」をこれからも制作のテーマとして「科学と芸術を融合した新しい分野を開拓すべくがんばっていきたい」と述べている。

さて、今回の個展におけるBiological Art はどのような増殖を示しているのだろうか̶楽しみにしたい。
[/one_half_last]

Yoko_Shimizu_2014_2